2018年02月04日

ヴァイオリン・ウェブの検索順位が・・・その2

しばらく前からですが、ヴァイオリン・ウェブはグーグルで「ヴァイオリン」とだけ検索しても一切検索結果に出て来なくなりました。5年ぶりの記事投稿で、他に話すことはないのかというご指摘もありそうですが、以前、順位が下がったら落胆記事を書くと宣言しておりましたので書いてみます。

かつて何年もの間ずっと1番目に出ていたものが、2ページ目(11番目)以降にすら出なくなるものなのだろうか?この落差は何らかのペナルティを課された結果ではないのか?(注:ウェブサイト運営者はグーグルの気まぐれな高品質な検索結果を担保するためのペナルティに常に怯えています)一抹の不安を覚えて調査しましたが、グーグルの専門スタッフによる不適切なウェブサイトの除外処置(いわゆる手動ペナルティ)はありませんでした。となると、検索ロボットのアルゴリズムによって自動的に決まっているということになりますが、この場合は何かがマイナス評価を受けていてもウェブサイト運営者にはわかりません。ただ、他のヴァイオリン情報サイトも同様な傾向があるようなので、ウェブサイト評価の方法が大きく変わったと思われます。

さみしい気持ちはありますが、漠然と「ヴァイオリン」と検索する場合、取り敢えずはヴァイオリンに関するあらゆる情報を求めていると考えられることから、ヴァイオリン・ウェブは情報不足なのかな、という反省は必要ですね。ちなみに、どのような組み合わせの検索キーワードの時にヴァイオリン・ウェブを出すのが妥当なんでしょうか。「ヴァイオリン 情報」「ヴァイオリン 掲示板」などでは実際に1ページ目には出てきますが、それはそれでピンと来ない感じもします。お店なら「ヴァイオリン 販売店」や「ヴァイオリン 専門店」などで探すでしょうし、教室なら「ヴァイオリン 教室」や「ヴァイオリン レッスン」などで調べるでしょう。明確な目的がないウェブサイトなだけに、やはり漠然と「ヴァイオリン」で出しても良いような気もします。情報不足だとしても、何ページ目まで行っても出て来ないことは正直不思議ではあります。

ヴァイオリン・ウェブもそろそろ丸17年。インターネットの世界では石器時代のようなウェブサイトかもしれません(時代の流れに合わせて十分な進化を遂げてきたとは言い難い)。現在主流の、ロボットがウェブサイト収集と検索順位を決める検索エンジンと並び、かつては人力でウェブサイトを選別するディレクトリ検索と呼ばれる検索サイトもありました。その代表格がYahoo!カテゴリですが、今年の3月29日で終了することが発表されました。ヴァイオリン・ウェブはそのYahoo!カテゴリで、ウェブサイト運営者垂涎のメガネマーク(またはクールマーク)をもらったのが密かな誇りだったのですが、これも時代の流れであり、さみしいですね。

外部環境の変化とは別に、そもそもヴァイオリン・ウェブのコンテンツがどれだけ価値があるものかと言えば、これは虚心坦懐に見れば極めて微妙です。ですからこうした結果も致し方ないでしょう。かつて掲示板にはかなりの識者が多数出入りし、極めてディープな激論を交わしていたこともあり、その辺りの情報価値は高いと思うのですが、私自身がまとめたコンテンツは本当に薄いです。しかし現在、辞書的なものはウィキペディアをはじめインターネット上にいくらでも転がっており、単に項目数を増やすような方向性では意味がありません。やはりそこに情報としての何らかの付加価値を付けることが重要で、これもなかなか難しいですね。

例えば演奏家、楽曲、演奏技術などについては、深い知見をお持ちの方がたくさんいらっしゃる中で、私にはそのような付加価値を提供できるほどのものがありませんが、製作者(の作品である楽器)に関してはやりたいことが色々とあります。ただそれは本職である私の会社のウェブサイト上に実現していくことになり、ヴァイオリン・ウェブの方に活かすアイディアは今の所ありません。いずれにしてもヴァイオリン・ウェブは今ある情報を一度整理してある程度洗練度を高めて再構成しなければならないでしょう。個人的都合としては当面難しいですが、もしかしたら意外と近いうちにやらざるを得ない時が来るかもしれません。というのも、ヴァイオリン・ウェブのウェブサーバーは旧式で、ある日これが機能しなくなるようなことが起こらないとも言えないからです(恐ろしい)。
posted by yc at 17:29| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月17日

ヴァイオリン・ウェブの検索順位が・・・

今日気づきましたが、グーグルで「ヴァイオリン」と検索すると、ヴァイオリン・ウェブが1番目に出ています。何故いきなりそうなったのかはわかりませんが、実に数年ぶり(5年以上か?)の懐かしいこの風景、とりあえず嬉しくないことはないわけです。というわけで・・・、

キタワァ.*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!!☆

しかしグーグル様は気分屋ですから、数日、場合によっては数時間で順位が元通りになったり、最悪この後に順位が下がったりという可能性もあるわけで、ぬか喜びの後どん底に突き落とされるのかもしれません。

要因としては、フランクフルト関連のニュースが立て続けに報道されて、一時的にトラフィックが膨らんだことが考えられます。堀米さんの時はガルネリ・デル・ジェス、ヤンケさんの時はストラディヴァリの検索トラフィックが急増しましたからね(だとすると、すぐに順位が下がりそうですが)。しかし、ちょっとしたニュースが流れるだけでトラフィックが大きく影響を受けるというのは、ヴァイオリンという分野が普段いかにニッチかってことですよね。

当然ながら、検索順位を目的にウェブサイトを作っているわけではありませんが、せっかくなら良い評価の方が嬉しいのもまた当然です。特にここ数年のヴァイオリン・ウェブの検索順位については、ドメインの古さやインデックス数から考えるとちょっと評価が渋いんじゃないかと思っていたのも事実です。未だにフレームを使っていたりとちょっと設計が古いのもあるでしょうけど。

例え数日だとしてもいい夢見させてもらったということで、記事にしてみました。また順位が下がったら落胆記事でも書こうと思います。
posted by yc at 15:20| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月01日

ヤフー知恵袋

直接ヴァイオリン・ウェブとは関係ない話題ですが。

普段はあまりアクセスログを細かく見ないんですが、先日ぼけーっと私の会社のアクセスログを見ていて、ヤフー知恵袋からのアクセスが気になったので抽出してみたところ、気になるハンドルの方を発見。

何が気になるかというと、ヴァイオリン絡みの質問にちょっとした毒舌を交えながらも真面目に答え続けていて、その回答数がすごい。一言でいえば、ヴァイオリン・ウェブの某常連さんに雰囲気が似ているように感じて、気になってしまいました。

ちなみに、アクセスログに何故出てきたかと言うと、楽器関係の質問が出た時に、私の通販や店舗のそれぞれのウェブサイトをよく紹介してくれていたからです。基本的には大変ありがたいのですが、一方では、はたから見たら自作自演の宣伝活動と思われないかなぁと小心者の私は心配になってしまうわけです。まぁ、あれだけ大量にきちんと回答して、なおかつ反感を買うこともある毒舌キャラって、自作自演としては割に合わない、つまり普通なら自作自演ではなさそうだと感じるとは思いますが。一応申し開きをすると(かえって怪しい?)、私は知恵袋を利用したことはありません。いずれにせよ、ヴァイオリン・ウェブで私のキャラをある程度でもご存知の方なら、まず同一人物ではあり得ないとおわかりいただけると思います。

そのハンドルさんは、知恵袋では残念ながら一部の反感を買い(他方ではすごく感謝されているのですが)、いやがらせの違反報告等によって利用停止になり、同じ意味のハンドルを英語→ドイツ語→フランス語と変えたところまでは確認しました。4つ目のハンドルは見つけていませんけど、あるのかな?

ヤフー知恵袋でのハンドルさんの具体名と、ヴァイオリン・ウェブのどの常連さんに似ているかは、敢えてぼかして書きます。違ったら失礼ですし(というか、似てると感じただけで、特に同一人物だと疑っているわけでもありません)。
posted by yc at 19:09| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。