2012年10月17日

ヴァイオリン・ウェブの検索順位が・・・

今日気づきましたが、グーグルで「ヴァイオリン」と検索すると、ヴァイオリン・ウェブが1番目に出ています。何故いきなりそうなったのかはわかりませんが、実に数年ぶり(5年以上か?)の懐かしいこの風景、とりあえず嬉しくないことはないわけです。というわけで・・・、

キタワァ.*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!!☆

しかしグーグル様は気分屋ですから、数日、場合によっては数時間で順位が元通りになったり、最悪この後に順位が下がったりという可能性もあるわけで、ぬか喜びの後どん底に突き落とされるのかもしれません。

要因としては、フランクフルト関連のニュースが立て続けに報道されて、一時的にトラフィックが膨らんだことが考えられます。堀米さんの時はガルネリ・デル・ジェス、ヤンケさんの時はストラディヴァリの検索トラフィックが急増しましたからね(だとすると、すぐに順位が下がりそうですが)。しかし、ちょっとしたニュースが流れるだけでトラフィックが大きく影響を受けるというのは、ヴァイオリンという分野が普段いかにニッチかってことですよね。

当然ながら、検索順位を目的にウェブサイトを作っているわけではありませんが、せっかくなら良い評価の方が嬉しいのもまた当然です。特にここ数年のヴァイオリン・ウェブの検索順位については、ドメインの古さやインデックス数から考えるとちょっと評価が渋いんじゃないかと思っていたのも事実です。未だにフレームを使っていたりとちょっと設計が古いのもあるでしょうけど。

例え数日だとしてもいい夢見させてもらったということで、記事にしてみました。また順位が下がったら落胆記事でも書こうと思います。
posted by yc at 15:20| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。