2012年09月18日

ヴァイオリン・ウェブの歴史 その2

前回の記事→ヴァイオリン・ウェブの歴史 その1

前回はヴァイオリン・ホームページなるヴァイオリン・ウェブの前身のウェブサイトを作った時の話をしました。

そんなわけで、手元の資料で適当に作ったホームページはそこそこのアクセスを頂きつつ、ウェブサイトへの情報提供として読者の方が下さったメールをコンテンツとして公開したりしていました。今の感覚だとそれってどうなんだって感じですが、当時は訪問者リストなるものが流行していて、多くの人が全然知らない人のホームページに所属と実名を残していた時代で、プライバシーには結構緩い感覚もあったかもしれません。

中にはピアニストの江口玲さんがニューヨークから送ってくれたメールもあったりして(彼の友人でもあるギル・シャハム氏を演奏家リストに追加してくれという内容だった)、インターネットいいね!って思っていました。当時ならではの話題としては、まだアメリカにしかなかったアマゾンでレアなCDを注文した顛末記とかもありましたね。当時の感覚では、ちゃんと届くかどうか半信半疑って感じでした。

その後、いちいちメールを編集するのが面倒になり、掲示板を作りました。これらのログは今もヴァイオリン・ウェブでひっそり公開していたりします。当初は割とマメに返答している管理人ですが、すぐに掲示板の住人同士で自由にご歓談を楽しんでいただく方針に転換。それにしても当時の管理人のアホっぽいこと、恥ずかしいですね。そんなこんなで後半はほぼ放置状態だったヴァイオリン・ホームページですが、大学のウェブサーバ上に作っていたものですから、卒業後に維持する手立てが当時は思いつかず、卒業を間近に控えた1998年の春にデータをCD-Rに保存し、閉鎖することとしました。

今にして思うと続けても良かったんじゃないかと思いますが、学生の金銭感覚からすると、月数千円のレンタルスペースを借りることすら厳しかったですし、まして憧れの独自ドメインに至っては当時のハードルが異常に高く、専用サーバが必須で月10万円からという風でしたから、到底無理でした。言うまでもなく当時は無料ホームページなんて世の中に発想すら存在すらしていませんでした。今はドメイン管理費が年間数百〜千円程度、10GBのスペースでphpとmySQLがほぼ自由に使えて平均的なところで月500円程度ですからねぇ…呆れるほどの安さです。

つづくのだろうか。
posted by yc at 02:01| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。